言志四録とは

言志四録
「言志四録」とは、「言志録」「言志後録」「言志晩録」「言志耋録(てつろく)」の全四巻を総称したものであり、内容は学問、思想、人生観など多義にわたり、修養処世の心得が1133条にわたって書かれた随想録である。
「言志録」の書名の由来は定かではないが、様々な説が述べられている。「言志録」の書名の由来は定かではないが、『書経』舜天に「詩は志を言い、
歌は言を永くす」とか、『論語』公長編に治「蓋(なん)ぞ各々なんじの志を言わざる」などから、【志を述べる言葉をとどめ残すもの】という意味からではないかと推測される。

言志録

文化10年(1813)から文政6(1823)の約11年間にわたって書かれ、246条からなる。一斎の42歳から53歳までのもので、天保元年(1830)に刊行された。

言志後録

文政11年(1828)から天保9年(1838)の約10年にわたって書かれ、255条からなる。一斎が57歳から67歳までのもので、「言志晩録」と同時に刊行された。

言志晩録

天保9年(1838)から嘉永2年(1849)の11年間にわたって書かれ、292条から」なる。一斎が67歳から78歳までのもので、嘉永3年(1850)に「言志後録」と一緒に刊行された。なお、別存44条がある。

言志耋(てつ)録

嘉永4年(1851)から嘉永6年(1853)の3年間にわたって書かれ、340条からなる。一斎が80歳から82歳までのもので、嘉永6年(1853)に刊行された。