佐藤一斎について

佐藤一斎とは

CIMG5874

安永元(1772)年10月20日岩村藩の家老佐藤信由(のぶより)の二男として、江戸浜町の下屋敷(現東京都中央区日本橋浜町)で生まれた。田沼意次(おきつぐ)が家老となって実権を握り、田沼時代が始まった年である。
名は坦(たいら:たん)、字は大道(たいどう)、号は一斎。他の号に愛日楼(あいじつろう)、老吾軒、江都などがある。初名は信行、通称は捨蔵。幼くして読書を好み、水練・射騎・刀槍などに優れ、小笠原流礼法を身につけていた。
34歳で朱子学の宗家林家(りんけ)の塾長となり、大学頭(だいがくのかみ)林述斎(じゅっさい)(岩村藩主松平乗蘊(のりもり)の三男)とコンビを組み、多くの門下生の指導に当たった。
55 歳のとき、岩村藩主となった松平乗美(のりよし)の老臣に加えられ、「重職心得箇条」「御心得向存意」を著し藩政に尽力した。天保12(1841)年、述 斎が74歳で没したため、70歳で幕府の学問所 昌平黌(しょうへいこう)の儒官(総長)を命じられた。安政元(1854)年83歳のとき、日米和親条約 締結に際し、時の大学頭林復斎(ふくさい:述斎の六男)を助け外交文書の作成などに尽力した。安政6(1859)年9月24日 昌平黌の官舎で没(88 歳)。正に安政の大獄で揺れる最中、明治維新まであと9年という激動の時代であった。門下生には、佐久間象山、山田方谷、渡辺崋山などがいる。一斎の教え が、幕末から明治維新にかけ新しい日本をつくって行った指導者たちに多大な影響を与えたと言われている。

家譜

img-02
※クリックするとPDFファイルが開きます(要Adobe Reader

学脈と門人たち

img-03
※クリックするとPDFファイルが開きます(要Adobe Reader

略年譜

西 暦 元 号 一 斎 年 譜 岩村藩の動き 日本の動き 世界の動き
1772 安永元10月20日
卯の刻―
午前6時頃
岩村藩の家老佐藤信由の二男として江戸浜町(現東京都中央区人形町一丁目あたり)の岩村藩邸に生まれる。
初名は信行、通称は幾久蔵、字名は大道、一斎は号、他に愛日楼、老吾軒、江都などの号がある
藩主乗蘊(3代)(1746~1782)
飛騨大原騒動に岩村藩出兵
10代将軍徳川家治のとき、田沼意次が老中になる オーストリア、プロシア、ロシアがポーランドを分割
1775 安永4 4歳 (米)独立戦争(~83)
1776 安永5 5歳 (米)独立宣言
1782 天明元 10歳 藩主乗保(4代)
(~1826)
天明の大飢饉(~87)
1786 天明6 15歳 藩内大飢饉となり物価高騰 家治卒(50歳)
1787 天明7 16歳 家老佐藤文永致仕 家斉11代将軍宣下(15歳)
松平定信老中になり、寛政の改革が始まる(~93)
1789 寛政元
(天明9)
18歳「古文孝経解意補義」(生涯最初の著作)成る (米)ワシントンが初代大統領となる
(仏)フランス革命が起こり、人権宣言を発表する
1790 寛政2 19歳 出仕。第4代岩村藩主松平乗保の近侍となる。
井上四明や鷹見星皐に学ぶ。
5月「寛政異学の禁」を出す(湯島聖堂での朱子学以外の異学を禁じる)
1791 寛政3 20歳 致仕
1792 寛政4 21歳 信行を坦、通称の幾久蔵を捨蔵と改める。藩主の公子松平衡(後の林述斎)に勧められ大坂で中井竹山に師事 ラックスマン(露)が根室に来航
1793 寛政5
(2月)
22歳
2月 林簡順(信敬)に入門
4月 信敬歿
松平乗衡が林家の養子となり、第8代大学頭になる
(林述斎:26歳)
定信老中辞職(致仕)
1797 寛政9 26歳 結婚
父 文永の古希の祝い
(寄書き「名流清奇」)
1800 寛政12 29歳 平戸藩主松浦静山の懇請により長崎へ赴く 昌平坂学問所なる伊能忠敬、蝦夷地の測量へ向かう
1804 文化元 33歳 妻栞(30歳)没 レザノフ(露)長崎に来航 (仏)ナポレオンが皇帝になる
1805 文化2 34歳 林家の塾長となる(大学頭林述斎とコンビを組む)
1810 文化7 39歳 松平乗保 大坂城代から西の丸老中に栄進
1811 文化8 40歳
『捗蟯オ(ちょくこ)日録』作
1813 文化10 42歳 「言志録」着手
1814 文化11 43歳 父 文永(87歳)歿 伊能忠敬沿海測量 ウイーン会議(~15)
1816 文化13 45歳 母 留(77歳)歿
1821 文政4
(8月下旬)
50歳 先祖の墓や遺跡を上有知(現美濃市)、藤樹書院、京都などに訪ね、帰途岩村に立ち寄り、姉と面会。天瀑山に登り「天瀑山に登るの詩」を賦す
1824 文政7 53歳 「言志録」刊行 (文政8)
異国船打払令
1826 文政9 55歳 岩村藩老臣の列に加えられる。「重職心得箇条」
「御心得向存意」を著す。
『岩村神主祭式調査書』を著す。
松平乗美第5代藩主となる(~1842)
丹羽瀬清佐衛門家老となり、藩政改革に着手
1828 文政11 57歳「言志後録」に着手 橋本祐三郎死罪(文政10) 西郷隆盛生誕(文政10)
1830 文政13
(天保元)
59歳「愛日楼文詩」「言志録」を伊勢神宮(宮崎文庫)へ奉納 (仏)七月革命
1832 天保3 61歳『初学課業次第』著す 天保の大飢饉始まる 頼山陽(53歳)歿
1833 天保4 62歳 河田廸斎を学問上の継子に迎える
(八女の紳を娶らす)
『易學啓蒙蘭外書』成る
1834 天保5 63歳 江戸の岩村藩邸類焼
1836 天保7 65歳 岩村藩内飢饉 農民騒動
1837 天保8 66歳 林述斎の古希を祝う 天保改革失敗
丹羽瀬清左衛門失脚
大塩平八郎の乱(2月)徳川家斉将 軍職を辞す(大御所 時代の始まり)徳川家慶12代将軍となる
1838 天保9 67歳「言志後録」脱稿、「言志晩録」着手
1839 天保10 68歳『近思録欄外書』成る 「蛮社の獄」おこる
1840 天保11 69歳『呉子副詮』成る
『俗簡焚餘』作
アヘン戦争(~42)
1842 天保13 71歳 12代将軍家慶に易経を講義(4月)
『孫子副詮』成る
「愛日楼文詩」「言志録」などを将軍に奉る(9月)
1844 弘化元 73歳 西郷(18歳)
郡方書役助となる(27歳まで、薩摩藩の農政に従事)
1849 嘉永2 78歳 「言志晩録」脱稿
1850 嘉永3 79歳「言志後録」、「言志晩録」を刊行 (独)プロシア憲法制定
1851 嘉永4 80歳 「言志耋録」着手 西郷(25歳)
島津斉彬、薩摩藩主となる
1852 嘉永5 81歳 妻 庸(74歳)歿
1853 嘉永6 82歳 ペリー(米)の来航に合わせ、国交文書を作成
「言志耋録」脱稿
ペリー(米)が浦賀に来る(6月)
12代将軍 家慶卒(6月)
徳川家定13代将軍となる(11月)
1854 嘉永7 83歳 「言志耋録」を刊行 平尾鉐(後の下田歌子)誕生 日米和親条約を結ぶ
1854 嘉永7 84歳 国交庶務の功により幕府より表彰 江戸大地震
(藤田東湖被災死亡)
1856 安政3 85歳 藩主乗命(7代)(~1869) 篤姫 正室として大奥入り section-04-td215
1858 安政5 87歳 北海道の領有権を主張する為、幕命により函館焼を始める 井伊直弼が大老になる
13代将軍家定・島津斉彬歿(7月)
徳川家茂14代将軍となる(10月)
日米修好通商条約を結ぶ
篤姫 落飾し「天璋院」と名乗る
隆盛(32歳)月照と共に錦江湾に身を投げる(11月)
イギリスがインドを植民地にする
1859 安政6
9月24日
10月3日
88歳 昌平黌の官舎で歿
深廣寺(東京・港区六本木)に葬られる。
釈号は「惟一院成譽大道居士」河田迪斎54歳歿(1月)
平尾信享が上林清泉と連携し勤皇論を推進。幽閉される。
藩校「知新館」焼失の為、殿町へ新築移転
横浜、長崎、新潟開港
安政の大獄(吉田松陰ら処刑)
隆盛(33歳)奄美大島へ遠島(~1862.1.14)
サルジニアによるイタリア統一戦争始まる
1860 万延元 三好学誕生
(1861:文久元)
桜田門外の変 (米)リンカーン大統領となる
1862 文久2 隆盛(36歳)徳之島へ配流(6月)(72日間)
沖永良部島へ収容(8月)
1864 元治元 隆盛(38歳)2月鹿児島帰着
1866 慶応2 隆盛(40歳)
薩長同盟締結
1867 慶応3 再び勤皇論を唱え、知新館儒員を蟄居 大政を奉還し、江戸幕府が滅びる (米)アラスカを購入
1868 慶応4
(明治元)
隆盛(42歳)勝海舟と会見し江戸無血開城(4.11)
江戸を東京とする
1873
1874
明治6
明治7
(隆盛:私学校開校)
「言志録」講義
隆盛(47歳)
「征韓論」に敗れる
1877 明治10 隆盛(51歳)
「西南の役」勃発。
自刃(9月24日)
1888 明治21 秋月種樹(たねたつ)が「南洲手抄言志録」を出版
(明治17・18年頃、秋月種樹が西郷の叔父・椎原国幹の家で発見したといわれる)