図書販売

◎ 絵本「親子で読む『言志四録』」~おじいちゃんとぼく~
とかく難解と言われる「言志四録」です。恵那市立岩邑中学校の先生と生徒さんの協力を得て、小さいお子さんにも「言志四録」の心がわかる絵本にしました。「親子で読む言志四録」と副題もつけましたが、是非家族で読んで欲しいと願っております。

絵本「親子で読む『言志四録』」~おじいちゃんとぼく~

(内容例) 原文は「少にして学べば、則ち壮にして為すこと有り。壮にして学べば、則ち老いて衰えず。老いて学べば、則ち死して朽ちず。」です。

人生に無駄なことは、ひとつもありません。

◎佐藤一斎言志四録手抄 「彫板 名言録集」
岩村町の古い町並みの各家庭の軒下に「言志四録」を刻んだ木板が約200枚掛けられています。 ゆるやかな 坂の町をのんびり散策しながら、元気と勇気を「心のおみやげ」として持ち帰っていただければ幸いです。 各家庭の軒下に掛けられている彫板。 左下の数 字と「名言録集」の数字を対応させていますので、佐藤一斎の名言とその解説を読み、あなたのお気に入りの言葉を心に刻んでみたらいかがですか?

佐藤一斎言志四録手抄「彫板 名言録集」

◎下田歌子著「女子の修養」(現代語訳版)
「人は、学校でなく家庭でつくられる」「子どもは、母親の品格の影響を一番に受ける」と、下田歌子は多くの著書で繰り返し述べています。
家庭教育は、父親の役割も重要ですが、なにより母親がその鍵を握っています。
本書は、明治時代、歌子が学習院の初代女子部長を務めたとき、女生徒たちの為に書かれたものです。
時代背景が異なる為に、現代に通じないところもありますが、品格をもった女性となるための基本がわかりやすく書かれています。(本書はしがきより)

下田歌子著「女子の修養」(現代語訳版)

◎生き方ルネサンス~佐藤一斎の思想~
鈴木恭一さん(当塾会員)著。 目次(一部)紹介 第一章 価値観(本質を重視し気負わず知行合一、名実・言行の一致に徹する) 第二章 倫理観 (私心 のない素直な気持ちで迷わず霊妙なる心・良心に従う) 第四章 教育観 (飾らないありのまま・個性の貴さを自然から学び人を育てる) 第五章 指導者観 (謙虚な気持ちで徳を磨き、すじ道を通して人心を治める) 第六章 政治・経営観 (素直さ・無私・信用第一を大事にして衆知を生かす) 第七章 人生 観 (拘りのない心でバランス感覚を持って日々を真摯に生きる) 第八章  健康・死生観 (自然を友に淡々と誠意に始まり誠意に終わる) 言志四録1133条から項目別にまとめ、解り易く解説。定価 2,060円(税込み)

生き方ルネサンス~佐藤一斎の思想~

◎言志四録抄出日めくり
定価 700円(税込み)

言志四録抄出日めくり

◎「三学戒」の額装
地元岩村町在住の書家の神谷慎軒さん書の「三学戒」です。
B3サイズの和紙に印刷し、額装してあります。定価 4,200円(包装代、送料は別途) 定価 2,000円(包装代、送料は別途)

三学会の額装

◎その他
  • 岩村歴史シリーズ 「幕末の大儒学者 佐藤一斎」
  • 佐藤一斎詳細年譜
  • 佐藤一斎の教えを受けた人々
  • 碑文めぐり(観光協会作成:町内15か所に設置)