第3回特別公開講座のご案内 →「緊急事態」が延期になったため延期します

50歳を迎えた佐藤一斎は、文政4年(1821)人生の節目に先祖の墓参を兼ねて上有知

(こうづち:現岐阜県美濃市)・京都・大坂をまわり江戸へ帰る途中、岩村に立ち寄りました。

その折、天瀑山に登り、また、岩村藩小菅家へ嫁いでいた姉にも面会しました。

その時から、本年は200年目に当たります。

 

演題 「佐藤一斎が岩邑を訪れて200年」

講 師  若森 慶隆氏(一斎塾理事、顕彰会副会長)

日 時  令和3年9月25日(土)午後1時30分~午後3時

会 場  岩村コミュニティセンター大ホール

資料代 200円

当日は午前中 佐藤一斎も登った天瀑山を登山し、午後講演会を行います。

登山に参加ご希望の方はsuzuki@iw2621.enat.jpまでご連絡下さい。

詳しいことをご連絡します。

なお、昨今のコロナ禍の為、延期する場合もあります。